loading

PARTNER

パートナー企業

  • 株式会社エルコム

  • 住所〒001-0010 札幌市北区北10条西1丁目10番地1 MCビル
    資本金2,900万円
    業種製造業

FEATURES

事業の特徴

VISION
エルコムのコアヴィジョンは、Future for Earth~すべては次世代のために。地球環境や社会ニーズに寄り添い、独自の発想と技術力で新たなソリューションの開発製造を行っています。特に「環境負荷の軽減」をコアバリューとした環境ソリューション機器をはじめ、融雪機器の製造や、樹脂燃料ボイラを主軸とするエネルギーシステム事業を展開など、他に類をみないユニークな環境機器がラインアップ。

STRENGTH
1991年創業以来ファブレス式を採用し、常に変化する地球と社会のニーズに迅速に対応できる柔軟な発想力と開発力は、設備や工場稼働率に縛られないファブレス式だからこそできるエルコムの強みです。発想を形にする弊社の技術力が製品開発の原点であり、想いを共有してくださる多くの協力会社との連携が製品開発の歯車となっております。

MISSION
動脈産業から生じる環境負荷軽減と持続可能な社会の実現をミッションに、エルコムの培ってきたノウハウと次の新たな挑戦が、多くのお客様のニーズと地球の未来に貢献していけるようパラダイムシフトの発想を基本に製品開発を行っています。

APPEAL POINT

アピールポイント

どんなに技術的に優れた製品でも社会のニーズに合致したものでなければ、顧客満足が生まれません。現在、社会情勢は大きく変化し、価値観やその変化するスピードも一変する中、今後も自然環境と社会環境の両面の改善を弊社機器を通し実現していくことをさらに目指してまいります。
2022年プラスチック資源循環促進法施行にあたり、企業のプラスチック処理に対するモラルが大きく変わる時を迎えています。私たちエルコムは、省エネルギー・CO2削減をコアにした持続可能な製品・システムを提案いたします。

≪主力製品≫ 
①環境に配慮したゴミのコンパクト排出をサポートする小型・100V電源のゴミ圧縮機『プレモ』
②使用済プラスチックをその場で燃料にしてエネルギーとして使う『e-PEP システム』
➂エアキャップ・包装材なのどのフィルム系と発泡系のプラごみを再資源化するペレット化装置『ステラ』
④発泡スチロールを最大1/25に減容・リサイクルの前処理・運搬効率を上げる『スチロス』
⑤取付簡単・自動融雪・降る雪を積もらせない照射型遠赤外線融雪『解けルモ』

  • ここがスゴイ!

  • 第5回ジャパンSDGsアワードにおける特別賞を受賞したエルコムのクリーンオーシャンプロジェクト≪有効活用が困難な漂着プラスチックや複合材、汚れたプラごみを地産地消のエネルギーに循環するモデル構築≫の取り組みにおいて、主軸となる 『e-PEP システム』は、使用済みプラスチックを廃プラとして外部へ排出することなく自社のエネルギーとして利用できます。小型・高効率で既設設備に干渉なく接続が可能。排ガス規制基準の1/40のクリーンな排気を実現。プラスチック資源循環促進法でも掲げられている排出抑制、再資源化の新たな選択肢となります。

    ◆導入効果◆
     年間約100トンの廃プラ排出抑制
     年間約9万Lの既設ボイラ燃料の省エネ(重油換算)
     最大290t-CO2/年の温室効果ガス削減※
    ※外部監査法人によるシステムの導入と従来の大型施設による熱回収・単純焼却と比較した場合のLCAの分析による数値。スギの木1本あたり14kg-CO2をもとに試算。

    ◆システム構成◆
    樹脂破砕機クダック、樹脂圧縮成型機ステラ、樹脂ボイライーヴォル、燃料搬送装置キュート、他、ご要望の運用方法に応じて原料搬送装置等。

    ◆受賞歴◆
    2018年 第7回ものづくり日本大賞「地域貢献賞」
    2019年 Japan Pack Award 2019 「省資源化賞」
    2020年 北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞「新エネルギー大賞」
    2021年 第5回ジャパンSDGsアワード「特別賞」
    2022年 北海道経済産業局北国の省エネ大賞「優秀賞」を受賞。

COMPANY

会社概要

  • 株式会社エルコム

    住所〒001-0010 札幌市北区北10条西1丁目10番地1 MCビル
    資本金2,900万円
    業種製造業
    TEL011-727-7003
    FAX011-727-7004
    MAIL takashima@elcom-jp.com
    担当者高嶋 秀一郎(東京営業所:〒110-0005東京都台東区上野2-12-18池之端ヒロビル)
    WEBSITE